不安や恐れを感じていても、まだその状態にはなっていないんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

不安だー。心配だー。

でも、実際に起こる確率はどれくらいでしょうか。
 

■現実に起こらなくて良かった、安心したということが分かっていない

 
不安や恐れは、誰でも抱えているものだとは思いますが、それでもかなりの個人差があるのではと思っています。

不安や恐れを感じて、何もできない人もいれば、それを克服するために立ち上がる人、何もせずに淡々と過ごしている人など、温度差がありますよね。

でも、不安や恐れを感じていても、まだその状態にはなっていないことは共通しています。

ただ、そう感じているだけですよね。

明日は出かける予定があるのに、「雨が降ったら」嫌だなと思っている時点では、実際に雨は降っていないのと同じです。これは、雨が降ることを望んでいる人たちもそうです。

雨が降るかもしれないし、降らないかもしれない。

これは、不安や恐れも似ているところがあるのではないでしょうか。
 
 
 
 
天気予報などで、明日は雨が降るかもしれないと思ったら、折り畳みの傘を持っていく、出かける時間を早くするなどしますよね。

でも、雨が降らなかったら、折り畳みの傘や、出かける時間を早くする必要はなくなりますが、雨が降らなかったから良かったと思えませんか。

不安や恐れを感じるのが嫌だと思っても、現実にそれが起こらなかったら、それはそれで良かった、安心したと思えるでしょう。

不安や恐れを感じても、実際に起こることが少ないことが分からないのは、現実に起こらなくて良かった、安心したということが分かっていないからだと思うのです。

身の回りの良かった、安心したことに気づくことができれば、不安や恐れを感じても、もう少し冷静になって受け止めることができるはずですから。

不安や恐れを感じたときに、簡単なメモなどに記録を残して、その後はどうなったのかを追跡して記録に残し、あとから比較すれば、詳細なデータとなって残りますから、不安や恐れを感じていても、まだその状態にはなっていないことが、はっきりと分かるようになりますよ。

不安や恐れを感じても、まだその状態にはなっていませんから、焦らずに、対策を練っていきましょう。
 

■「今日の教訓」

 
不安や恐れを感じていても、まだその状態にはなっていないんだよね。ただ感じているだけだから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

過去の後悔をリセットするためにタスクリストや行動記録を見る

自分を否定し続けていると気づいたら、それは自分と向き合っているということになる

現実を目の前にして動きやすくするためにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする