「やってみたいから、やるんだ」ということを前提にして、行動してみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やってみたいことがあるなら、やったほうがいいと思っています。

時間は限られていますからね。
 

■ やりたいことを考えるのと同時に、できない理由も同時に現れる

 
やってみたいことがある。

多くの方がそう思っていても、実際にやっている人は、それほど多くないと思います。

統計を取ったわけではありませんが、やりたいことがあってもできないという声も多いからです。

やりたいことがあると思っても、そんなの無理、できない、いつかやればいい。

そんなことを考えてしまうこともありますよね。

現状を考えると、やっぱりできないという決断を下してしまうのは、意外と多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
たしかに、タイミングというものがあると思っています。

やるなら今しかない、ここでやらなかったら絶対に後悔するなど、まさに絶好の機会だと思える場面もあるかもしれません。

でも、いつそのタイミングやってくるのかは誰にも分かりませんし、タイミングを待ち続けるのもおかしな話です。

そうなると、やってみたいことがあるなら、やったほうが良いと、私なら考えます。

なぜなら、やってみたいから、やりたいと思ったからです。

無責任な言い方かもしれませんけど。

やりたいことを考えるのと同時に、できない理由も同時に現れます。

できない理由にとらわれすぎると、自分の視野を狭くし、行動を鈍らせることもあるので、「やってみたいから、やるんだ」ということを前提にして、行動してみるといいですよ。
 

■「今日の教訓」

 
やってみたいことがあるなら、やったほうがいいと思う。なぜって?やってみたいからでしょ。それ以上でも、それ以下でもない。やりたいと思うなら、やってもいいんだよ。つまらないことで、自分の視野を狭くし、行動を鈍らせることをしなくてもいいんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

あれもこれもやりたいのに、動けないときにしていること

行動記録があると、数ある選択肢の中から、1つを選んで取り組む、シンプルな形に近づけることができるよ

ルールを見極めたうえで、どこに投資をするのか。どんな行動をとるべきなのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする