いつも通りにやる。これはとても大事なこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

うまくいかない理由は、いろいろありますが、その一つに、いつも通りにできなかったことがありますよね。
 

■いつものことを、いつも通りにやることは、生活の土台を支えるものになっている

 
初めてやることや、割り込みのタスクをやることになってしまった場合、「うまくいかないことがあることを想定しておく」必要があります。

初めてやることですから、失敗をすることはありますし、その経験や知識が乏しいです。

割り込みのタスクは自分ではどうすることもできないことがあるし、自分では回避できないことも多く、予想しづらいところがあります。

両方とも、「分からないことが多い」という特徴をもっています。

では、分かること、知っていることはどうでしょうか。

ほぼ毎日のようにやっていること、食事や睡眠、入浴など。

いつも通りにやっていることが、きちんとできているでしょうか。
 
 
 
 
いつも通りにやっていることは、何をすればいいのか分かっていること。一度でもやった経験があること。

仕事なら、毎週決まっている会議や、3ヶ月に1回ある東京への出張などです。

仕事は、強制的にやる部分もありますから大丈夫だと思いますが、食事や睡眠など個人レベルのことになると、いつも通りのことができていないことも多いのではないでしょうか。

たとえば、睡眠時間。

睡眠時間が短いと思っている人もいると思います。そして、睡眠時間が不足していると、どうなってしまうのかも知っているはずです。

次に、食事です。

食事も大事なのは分かっていることですが、栄養バランスを欠いたり、食事を抜いたりしてしまうこともありますよね。

快適な睡眠と、バランスの取れた食事。

もしこれが、いつも通りにできたとするなら、あなたの生活はどんな暮らしになりますか。

いつものことを、いつも通りにやることは、生活の土台を支えるものになります。
 
 
 
 
もし、いつも通りのことができないところへ、初めてやることや、割り込みのタスクが入ってきたらどうなると思いますか。

それこそ、生活そのものがめちゃくちゃになる可能性がでてきますよね。

いつも通りのことができているなら、初めてやることや割り込みのタスクに対しても、柔軟に対応することもできるでしょう。

なぜなら、生活の土台を支えるものになる、いつものことを、いつも通りにできているから、その受け皿ができているのです。

一部の人は、暴飲暴食、睡眠不足のなかで、初めてのことや割り込みのタスクに対応しようとするから、苦労するのではないでしょうか。

いつも通りにやることは、とても大事なことなんですね。
 

■「今日の教訓」

 
いつも通りにやる。これはとても大事なこと。なぜなら、何をすればいいのかが分かっているから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

いちばん恐ろしいのは、動くことを忘れてしまうこと

活動的に、行動力をアップさせるためにも、自分の感情を知っておこう

「いま、自分がやること」と「その後の結果」はセットになっている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする