やり直すことができるものは、何度でも挑戦していけばいい


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

起きてしまったことは、変えることができません。

でも、そのままで終わらせないこともできますよね。
 

■変えられないなら、「変えることができる」ところを変えていく

 
起きてしまったことは、変えることができない。

このことを強く感じる場面は、失敗したり、後悔したりしているときではないでしょうか。

あの時、やっておけばよかった。
断らずに、行けばよかった。
約束を守っておけばよかった。

〜しておけばよかった」という場面を経験したあとにどうするかですね。

起きてしまったことは、変えることができないという前提で考えるなら、それは一つしかないと思っています。

それは、「挽回できる」かもしれないということです。

起きてしまった結果の次を見据えることができるかどうか。

そこが大事なところですね。

変えられないなら、「変えることができる」ところを変えていく。

という、文章にすると分かりづらくなりますが、失敗や後悔をしたあとに、挽回することができないかを考えることで、次の一手を打つことができるのではないでしょうか。
 
 
 
 
起きてしまったことは、変えることはできないけど、まだ終わりではないのです。

挽回できるかどうかを考えるほうが大事です。

なぜなら、次に向けて動く力になるからです。

もし、失敗したり、後悔したりして、そこで終わってしまったら、先に進むのが難しくなりますよね。

まだ、終わらんよ

こんな気持ちをもって、挽回できるチャンスを狙ってみませんか。

やり直すことができるものは、何度でも挑戦していけばいいわけですから。
 

■「今日の教訓」

 
起きてしまったことは、変えることができない。でも、挽回することができるかもしれない。その次は、どうするのか。まだ終わらせるのは早いかもしれないと思って、次の一手を打とう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

1日の終わりに後悔しないためにしていること

プラスの面と、マイナスの面があってこそ、自分なのです

結果がどうなるか分からないときに必要なもの