遅れている状態は何かとプレッシャーを感じてしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10932467344_509b4e4e32
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

あなたは、少しぐらい遅れても平気なタイプですか?それとも、遅れることは、許せないタイプですか?

私は、少しぐらい遅れてもいいじゃないと、そう思いたいのですが、それができないタイプです(笑)。
 

■自分のタイプを知ろうとすることで、他人の違うタイプも許せるようになる

 
遅れても、平気な人。それができない人。

これは、その人の性格というか、癖と言えばいいのか。

遅れても、全く気にしない人もいれば、遅れてもいないのに、遅れたらどうしようと頭を抱えている人。遅れるのが嫌だから、約束の時間よりも、めちゃくちゃ早く来てしまう人(私です 笑)。

ホントに、いろいろな人がいます。

それが、個性だということかもしれません。時間に間に合うのに、ワザと遅れてくる人もいるぐらいですから(笑)。だから、他人の行動に、あーだこーだ言うつもりはありません。
 
 
 
 
ここでは、私の場合を書いておきたいと思います。

私は、時間に遅れることは良くないと思うタイプです。少しぐらい遅れても大丈夫なことでも、余裕をもたせようとします。それが行き過ぎて、約束の時間よりも早く動こうと焦ってしまいます。

タスク管理をしているので、余程のことがないかぎり、時間に遅れることはないのですが、遅れることは良くないと思うあまり、バタバタしてしまい、タスクリストの順番通りに進まないこともあります。

ちょっと矛盾してますが(笑)。

私にとっては、遅れている状態は何かとプレッシャーを感じているようです。

これも、個性なのかなぁ。

だから、少しでもいいから「余裕」をもたせるように心がけています。

あなたは、どうでしょうか。

自分のタイプを知ろうとすることで、他人の違うタイプにも、あーそうなんだなって、思えるようになりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
少しぐらい遅れても大丈夫なものでも、余裕をもたせることが大切だと思う。万が一に備えてという意味もあるし、遅れている状態は何かとプレッシャーになることがあるからだ。
 
 

 
 

 
credit: WanderingtheWorld (www.ChrisFord.com) via FindCC
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする