悪い出来事が重なっても、良いことがある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

clovelly-323446_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何をやっても、うまくいかないときがありますよね。悪いことばかりが続いたりします。

そういうときは、辛いし、へこむし、心が折れそうになります。

なんで、オレばっかりこんな目にあうんだ。

その時は、まるで自分が悲劇の主人公であるかのような気持ちにもなるでしょう。

でも、良いこともあるんですよ。
 

■悪いことが重なっても、最悪のケースを知ることができ、経験をすることができる

 
悪いことが重なっているときは、もしかしたら次も起こるかもしれないとか、いつもよりも慎重に行動してしまったりして、いつもの自分とは違うと感じたことはありませんか。

おそらくこれは、悪い出来事に対して身構えている状態だと思います。

防御の姿勢をしているのです。

だから、いつもの自分とは違う感じになると、私は考えています。

いつもとは違う自分だから、簡単にできるものも、失敗したり、間違えたり。さらに、状況を悪化させる出来事が起こっていると思うのです。だから私は、チェックリストを見ながら行動をすることで、なるべく普段の自分と同じような行動をすることを心がけています。
 
 
 
 
悪いことが重なるのは、誰だって嫌なことだと思います。

しかし、良いこともあります。

最悪のケースを知ることにもなりますし、経験をすることもできます。つまり、チェックリストのブラッシュアップができる機会がやってきたのです。

最悪のケースから学び、それを教訓として活かすのなら、チェックリストを作るのが最適です。

ブラッシュアップされた、チェックリストを作る過程で、心構えもできてきますし、対策も考えることができるからです。

悪いことが重なることを回避することができればいいのですが、もしできないのであれば、最悪のケースの状態を記録して、チェックリストを作ってみましょう。

次に同じようなことが起こっても、チェックリストを見ながら行動すれば、悪いことが重なったなんて思わなくなりますよ。

あなたは、悪いことが重なっても、それを克服することができていますか。
 

■「今日の教訓」

 
悪いことが重なるのは嫌だけど、最悪のケースがわかるから、心構えもできそうだし、対策も考えることができそうだよね。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする