欠点があるからこそ、あなたの魅力が相手にも伝わっているんだ


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分の欠点を何とかしたい、克服したい。

欠点さえ克服できれば、もっと良くなるはずだ。

そう思ったこともあると思います。
 

■欠点だと思っていることが、実は個性だったりする

 
欠点があることに気づけば、それを克服したいという気持ちがあるのは当然ですし、それが目標を達成する原動力にもなります。

その一方で、完璧な人間なんていないし、欠点の一つや二つあったほうがいいという考え方もできますよね。

欠点というものは、何かと比較してみると現れるもので、その欠点を克服することができれば、成長した、成功したという一つの基準でもあるんじゃないかと思います。

だからこそ、欠点があることを嫌い、欠点を無いものにしようとしたり、その欠点を、相手を責める道具として使ったりてしまう。

私たち人間には、そういう部分が誰にでもあるのではないでしょうか。

おそらく、欠点があることで悩んだり、迷っていたりするのは人間だけだと思いますが、逆に、欠点があることに気づき、それを克服しようとする力があるのも人間だけだと思います。
 
 
 
 
でも、自分は欠点だらけの人間で、ダメ人間だと思っている人のほうが、個性が豊かな人が多いんですよ。

そもそも、欠点というものは、自分で自覚できるものと、そうではないものがあります。そして、欠点だと思える基準も曖昧なので、欠点を個性とみることもできると思っています。

たとえば、約束の時間に遅れてしまうことが、欠点とみることもできますし、時間に遅れてしまうほど、自分の時間を有効に使っていると考えることもできますよね。(かなり、強引ですけど)

約束の時間に遅れると言う欠点を克服することもできますし、これをその人の個性だと思って受け流すこともできるわけです。

これは自分自身に対しても言えることです。

自分が欠点だと思っていることが、実は個性だったりするんです。

本人は否定したい、隠したいと思っていることこそ、他の人には持っていないものだからです。

個性というものは、自分から意識して出してくものではなく、自然にあふれ出てくるオーラのようなもの。

欠点を、すべて克服する必要はなく、欠点があるからこそ、あなたの魅力が相手にも伝わっているんですよ。

完璧な人間よりも、少しぐらい欠点があったほうが、魅力的に見えるんですね。
 

■「今日の教訓」

 
自分が欠点だと思っていることが、実は個性だったりする。本人は否定したい、隠したいと思っていることこそ、他人には持っていないものなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

他人と比較したとき、それを欠点とするか、違う人間という前提で見るかの差は大きい

欠点を克服しようとするのもよし、欠点があるままでもよし