自分が成長したことや、変化したことを、ダイレクトに感じることができるからやってみよう


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

成長したい、変わりたい。

もしそう思っているなら、厳しい環境に身を置いてみるのもありですよね。
 

■難しいこと、厳しいと思えるほうへ進むというチャレンジをしてみよう

 
新しいことにチャレンジしたい。次のステージに進みたい。

現状に満足することなく、向上心がある人は、言葉にはださなくても、成長したい、変わりたいと思っているものです。

一つの結果に満足せず、さらに新しい目標を設定して、前に進んでいる姿を見ると、かっこいいなと感じ、憧れてしまうことはないですか。

成長や変化を求めるとき、簡単な方法は、いつもとは違うことをすることです。

環境を変えるだけでも、世界が一変することもありますよね。

学校に入学したときや、会社に就職したときを思い出してみてください。

知らない場所で、知らない人たちに会い、一緒の時間を過ごすだけでも、かなりのストレスを感じることになりますが、厳しい環境に身を置くだけで、自分の成長や変化を感じることができた経験をしてきたはずです。

プロのサッカー選手も、海外のクラブで積極的にプレーをするのは、世界トップレベルの選手と同じリーグで戦い、新しい刺激を受けることで、自らのレベルを上げていますよね。
 
 
 
 
もし、いつもと同じ状態が続いて、このままでいいのだろうかと思ったとき、難しくて、厳しいところに身を置いてみることは、成長や変化をしていくうえで大事なことだと思うのです。

植物を育てるときも、あえて厳しい環境で育ててやると、厳しい環境に適応するために努力するそうですね。植物にとって、厳しい環境に適応できなければ、死んでしまいますから必死になるのもわかります。

私たち人間も同じようにやれとは言わないまでも、難しいこと、厳しいと思えるほうへ進むというチャレンジをしてもいいのではないでしょうか。

まずは、環境から変えてみるといいでしょう。

厳しい環境でも、良い結果をだせるようになれば、自分が成長したことや、変化したことを、ダイレクトに感じることができますから。
 

■「今日の教訓」

 
難しくて、厳しいところに身を置いてみることは、新しい刺激を受けることができるので大事なことだと思う。いつもと同じ状態が長く続いているなら、チャレンジするということで、難しいこと、厳しいと思えるほうへ進んでみるのもいいよ。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

自分の成長の記録を残しているか。自ら放棄するなら、誰も自分の成長は分からないままに終わってしまうよ

退屈だ。もう、ウンザリ。それって本当?いつも同じことが続いているとは限らないことに気づこう

最初は、「うまくいっていない」パターンを出発地点にしてみよう