やらなかったことで、その代償を支払っていることに気づいていますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

finance-635805_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やるべきことは、わかっている。あとは、やるだけだ。

そんな状態であっても、やろうとはしない自分がいたりします(笑)。

なんでやねんっ!

自分で突っ込みを入れたくもなりますが、このときすでに、やらなかったことでの代償を支払っているのです。
 

■やらなければいけないことがあるのに、他のことをやっていないか

 
やらなければいけないことがあるのに、他のことをやってしまったら、それができなくなったり、終わる時間が遅くなってしまうのは、当然のことですよね。

そうなんですよ。わかっているんですよ。

わかっているのに、やろうとはしないんです。

私は、行動の記録を残しているので、めちゃくちゃはっきりとわかります(笑)。

今日のタスクリストの未完了タスクを見れば一発です。

やろうとしない理由をあげれば、たくさんでてきそうですが、そんな理由よりも大事なことがあります。

やらなかったことで、その代償を支払っていることです。
 
 
 
 
その代償というやつは、目には見えないものだったり、小さくて些細なものであったりして、たいしたことがないように思えてしまうのです。

やらなければ、先には進みません。変化もありません。現状維持?。やらなかったことで、劣化していくかも?

このような代償は、緊急なものではなく、今すぐに何かをしなければいけないものでもないので、気にすることはありません。気にならないから、何度も何度も代償を支払っているのです。

やらなければいけないことがあるのに、他のことをやってしまう。

絶対に他のことをするなとはいってません。でも、間違いなく何らかの代償を支払っていることは確かなのです。

あなたは、やらなかったことで、代償を支払っていることに気づいていますか。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする