生活習慣を変えるために、寝る時間を早くしてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cat-1056661_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

生活習慣を変えるとなると、難しいと考える人もいるはずです。

そもそも、どんな生活を送っているかわからないからです(笑)。

特に、習慣になっているものは、自分でも気づきにくいですよね。
 

■現在の状態を知っていれば、生活習慣を変える最初の一歩を踏み出すことができる

 
生活習慣を変えたければ、現在の状態を知る必要があるでしょう。

現在の状態を知らずに、変えようとするのは難しいですよね。

ということは、現在の状態を知っていれば、生活習慣を変える最初の一歩を踏み出すことができると考えることができます。

たとえば、朝起きられない問題を解決したくて、早起きがしたい場合、どうすればいいのか。

こんなふうに、現在の状態を知っていれば、対策を考えることが可能になります。

朝早く起きることができないなら、寝る時間を早くすればいいと思ったとします。

そこから、早く寝るために生活習慣を変えていくためのルールを作っていけばいいのです。
 
 
 
 
早く眠るためには、どうしたらいいのか?

この質問に答えるためには、今までの習慣と向き合うことになります。

夜遅くまで起きている原因をリストに書いてみたり、食事や入浴の時間も変えることも考えたり、会社の同僚や友人たちとのつきあい方も変えることが必要かもしれません。

生活習慣を変えたい。

言葉で言うのは簡単ですが、これまでの習慣というものがありますから、すぐに変えることは難しいでしょう。

でも、生活習慣を変えたければ、睡眠時間のことは避けて通ることはできません。

睡眠時間のバランスが崩れていて、悪い生活習慣になっているからです。

まずは、睡眠時間を見直すこと。

これがきっかけとなり、他の習慣とも向きあえるようになってきますよ。

あなたは、生活習慣を変えるとき、睡眠時間を見直していますか。
 

■「今日の教訓」

 
生活習慣を変えるのに、寝る時間を早くしてみるというのもいい。簡単なことではないけど、早く寝るために必要な行動をすることになるから、今までの習慣と向き合うことになるよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする