他人に頼ることは、ひとつの戦術のようなもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15322582642_288d60ae26_z
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

ひとりでやっていると、限界を感じることがあります。

しかし、仲間と一緒にやると、あっという間に終わってしまうこともあります。

それだったら、どちらのほうがいいでしょうか。
 

■力を合わせれば、その分だけスピードも上がり、間違いも減る

 
世の中には、頼み上手な方がいますよね。

ちょっと、これお願い。
ついでに、これもいいかな。
ほんの少しでいいから、手伝ってくれないかな。

頼み上手な方は、嫌みがなく、押しつけることもなく、ごく自然に、当たり前のように、他人に頼っているように見えます。

そんな頼み上手な方を見ていると、うらやましいと思ったり、自分でやればいいのにと思ったり。

あまり、良い気分ではないことがあります。

どこかで、あいつだけ人に頼んでばかりでずるい奴だ。

そんなふうに思っているのです。
 
 
 
 
私は、他人に頼ることが苦手なタイプだから、そう思ってしまうのかもしれません。

頼んだとしても、断られたらどうしよう。
こんな簡単なことで、頼んだらおかしいかな。
もしこれを頼んだら、相手に対して迷惑をかけるからやめておこう。

他人に頼るどころか、他人に頼らないことばかりを考えているのです。

こうなってくると、何でもひとりで抱えることが増えていくことになります。

ひとりでできることは、どうしても限られてくるので、最後は誰かに頼むことになるのに。

どうやら、他人に頼むことに抵抗があるみたいです。

抵抗を感じるなら、無理をしなくてもいいと思っていますが、ひとつの戦術として使えるということにしています。

普通に頼むことができる人から見たら、「なに、それ?」と思われるかもしれませんが、人見知りをする私には、戦術になってしまいます。

他人に頼ることは、決して悪いことではありません。

力を合わせれば、その分だけスピードも上がりますし、間違いも減りますよね。

他人に頼むことが苦手な方は、最初はひと声だけでもいいですから、声をかけてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
他人に頼ることは、ひとつの戦術のようなもの。ひとりでやっていることを、ふたりでやれば、その分だけスピードも上がるし、間違いも減る。他人に頼る戦術を有効に使っていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo credit: uncoolbob via Visualhunt.com / CC BY-NC
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする