ハードルの高さも、自分のレベルも、始めたからこそ分かること

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

hot-air-balloon-1579141_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

初めてやるときは、緊張したり、間違えたりすることもありますよね。

入学や、入社したころのことを覚えていますか。

どこに何があるのか分からなかったり、迷子になったりしたことがあると思います。
 

■たった一度でもいいから、経験をしてしまうこと

 
初めてなんだから、できない、知らないのは当たり前。

たしかに、その通りなんですよね。

偉そうな態度をしている上司や先輩も、いちばん最初は分からなかったはずです。

最初は、分からなかったこと、知らなかったことも、一度でも経験すると、次回からは、そのハードルも下がり、緊張も間違いも減らすことができます。

逆に、経験をしたからこそ、その難しさに愕然とし、不安を感じることもあるでしょう。

経験をするということは、失敗をすることもあり得ることですよね。

でも、経験をするからこそ、そのハードルの高さが分かり、ハードルの高さが分かるからこそ、現在の自分のレベルの高さが分かります。

初めてのことをやるときは、緊張したり、間違えたり、ハプニングが起こる確率は高いはずです。
 
 
 
 
新入社員の研修している人を想像すれば分かりますよね。右も左も分からず、会社のルールや一般常識もよく分かっていない状態なら、何かが起きても不思議ではありません。

ハードルの高さも、自分のレベルも、始めたからこそ分かることです。

もし、何もしなかったら、ハードルの高さが分からず、大きな失敗をし、自分のレベルもはっきりしないので、空回りばかりの行動をすることになるでしょう。

これらを防ぐには、たった一度でもいいから、経験をしてしまうことなのです。
 

■「今日の教訓」

 
初めてのことをやるときは、緊張したり、間違えたりすることもあるけど、一度でも経験してしまえば、次回からはグッとハードルが下がる。だからこそ、始めてしまうことが大事。何もしないから、ハードルの高さが、そのままなんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事