先送り、面倒だと思うものは、占領される前に手を打つ必要がある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

面倒くさいと思っていること、先送りしているものは、気になりますし、モヤモヤした気分になることはありませんか。

私も、それが気になって、目の前のことに集中することができないことがあります。
 

■自分ができるレベルを調整して、少しだけでもいいから取り組んでみる

 
面倒くさいこと、先送りをしているものは、目には見えないプレッシャーを感じたり、心のなかに大きな塊があるように感じたりして、私にとって、とても大きな負担になっています。

だったら、すぐに処理すればいいじゃないか。

そうは思うんですけど、これがなかなかできないでいました。

やればいいと思っているだけでは、できないんですね。

思っているだけでは、面倒くさいこと、先送りをしているものは、少しも前には進まず、その場に居座り続けます。

まだ、居座り続けているだけならいいですが、時間が経つほど、そのことばかりを考え、目の前にあるやるべきことを曇らせてしまいます。

先送りをしているな。面倒だけど、やらなくっちゃ。

こんな思いが、頭のなかを占領してしまうのです。
 
 
 
 
対策としては、占領される前に手を打つ必要がありますよね。

どんなに先送りしても、面倒だと思っていることでも、最後はやらなければならないものは、自分ができるレベルをグッと下げて、少しでもいいから取り組むしかありません。

嫌いなトマトを食べなければいけないとき、一気に食べずに、少しずつ切り分けて食べるのと同じですかね。(すみません、トマト嫌いなんです。。。)

きっかけはどうあれ、少しだけでも取り組むことができてしまえば、気分が違うことに気がつくことがあると思います。

嫌いなトマトを小さく小さく切り分けて食べてみると、やっぱり美味しくない。だから、トマトは嫌いなんだという思いと同時に、トマトの大きさがほんのちょっぴり食べた分だけ減っていることに気がつきます。

もし、食べなければいけないトマトを、そのままにしていたら、お皿の上にあるトマトはそのままで、嫌いだからトマトは食べたくないという気持ちでいっぱいになってしまいます。

この状態は、まさに、頭のなかをトマトに占領されてしまったということになります。

こうなってしまう前に、ちょっとだけ、少しだけ行動すればいいのです。

あなたは、自分ができるレベルを調整して、少しだけでもいいから取り組むことができていますか。
 

■「今日の教訓」

 
自分ができるレベルをぐっと下げて、少しだけでもいいから取り組む。たったこれだけのことでも、気分がまったく違うことに気がつく。時間は短くてもいいし、ちょっとだけ、少しやればOKだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする