失敗したからダメだと決めつけていたら、そこからは何も生まれないよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

失敗をして、そのあとどうするのか。

いえ、どうしたいのか。

ここが最初の分かれ道になると思うのです。
 

■今の自分がここにいるのは、それを乗り越えてきたから

 
誰だって、失敗はしたくはないと思います。

成功して、良い結果をだして、みんなに喜んでもらいたい。

そんな気持ちがあるのではないでしょうか。

それでも、人間は失敗を繰り返します。

というか、失敗を繰り返してきたからこそ成長したといえます。

でも、ただ失敗を繰り返しているだけでは、成長しません。

同じ失敗でも、そこから学べること、できるようになるまで反復するのか、失敗したから、もうダメだから諦めようと決めつけてしまうのか。

この部分の選択は、自分で選択することが可能ですよね。
 
 
 
 
もちろん、失敗ばかりが続いたら、いい加減嫌になりますし、諦めたくなる気持ちも分かります。

ただ、失敗したからダメだと決めつけていたら、そこからは何も生まれません。

今の便利な世の中があるのは、先人たちが失敗をしても、それを乗り越えてきたから。

数多くの失敗をしてきても、今のあなたがここにいるのは、それを乗り越えてきたからですよね。

失敗したから、そこで終わり。

ではなく、まだ続きがあるんですね。
 

■「今日の教訓」

 
ただ失敗してしまったとして終わらせたら、改善なんてできない。失敗から、何を学ぶか。または、何ができるのか。失敗したからダメだと決めつけていたら、そこからは何も生まれないよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする