気持ちが沈んでいるなと思ったら、あともう少し続けてみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

うまくいかないことが続いているときは、何となく気持ちも沈んでしまうものです。

気持ちが上向きになるためには、どうすればいいでしょうか。
 

■下降曲線から、上昇曲線になるように

 
気持ちが上向きになったり、下向きになったり。

これは、ポジティブになったり、ネガティブになったりということと同じですね。

これはこれで、健康なことだとは思いますが、ネガティブよりも、ポジティブがいい。気持ちだって、下向きよりも、上向きのほうがいいだろうと思うのが人間なのかな。

しかも、うまくいっていないときは、イライラしたり、不安を感じたりしますから、ネガティブにもなり、気持ちも下向きになるのは当然だとも思っています。

気持ちというものは、上向きになったり、下向きに気になったりすることが前提で、少しでも良い状態になっていきたいものです。

常に気持ちは変化するものという前提なら、気持ちが下向きになった、ネガティブだと感じたら、焦らずに、その気持ちを見守るというのもいいでしょう。

これは、不快を感じながら見守るということなので、辛い状態が続くなら、その場を離れたり、自分の気持ちを書き出したりすることをおすすめします。
 
 
 
 
ある程度、時間がたつと、気持ちが落ち着くってことありますよね。

だから、気持ちが下向きに沈んだとしても、何かをやめたり、諦めたりしてしまうことを考えた時は、あともう少しだけ頑張ろうという選択肢もあったほうがいいと思うのです。

最初は順調に進んでいても、ある時点から、うまくいかなかったり、変化しなかったり、停滞する時期があるじゃないですか

ダイエットみたいに。

うまくいかない理由が明確ならば、延期や中止もあり得ますが、気持ちの変化だけなら、もうしばらく続けてみる、少し時間をおいてみることで、気持ちが上向くこともあるかもしれませんよね。

下降曲線から、上昇曲線になるように。

続けていけば、気持ちも上向きになりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
うまくいかない時、何となく気持ちも沈んでしまう。でも、頑張って続けていくことで、うまくいくようになると、今度は気持ちが上向きになる。気持ちが沈んでいるなと思ったら、あともう少し続けてみよう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

コツコツと自分ができることを続けていると、ひとつの点になって結ばれていることに気がつくことができる

紙に書き出すという、簡単なことを忘れていませんか

やることがないなら、無理して何かをやろうとしなくてもいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする