失敗しても素早く立ち上がる練習をしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

ずっと、同じ姿勢でいたら疲れますよね。

体の向きを変えたり、動かしたりすれば回復します。

では、うまくいかなかった、失敗した状態のままでいたら、どうなってしまうのでしょうか。
 

■再び立ち上がり、試すことを続けよう

 
うまくいかない、失敗ばかりしている。

そんな状態が長く続けば、それはもう凹みますよね。

どうしたらいいんだ?
どこが間違っているんだ?

頭を抱えてしまうこともあります。

頭を抱え悩み続けていたら疲労し、日常生活にも悪影響がでてくるでしょう。

でも、同じ姿勢で疲れているなら、体の向きを変えたり、動かしたりすれば回復するように、うまくいかなくて失敗したとしても、そのままの状態にしなければ、回復する可能性はあると思っています。
 
 
 
 
うまくいかない。失敗した。

そんな状態を回復するための方法は、再び立ち上がり、試すことを続けることです。

失敗しても、立ち上がる練習をしていけばいいでしょう。

そのうちに、失敗しても素早く立ち上がることができるようになってきますよ。

これは、「うまくいかない、失敗しても」、気持ちを切り替えて新しいことを試していくことにもなります。

新しいことを試す材料に困ることはありません。

失敗したことを、新しいことを試す材料にすればいいはずですから。

転んだら、立ち上がりましょう。そこが、最初の一歩になりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
うまくいかなかった、失敗した。その後すぐに新しいことを試してみてはどうだろう。反省するのもいいけれど、試し続けていれば、うまくいかないことも、失敗したことも、すべてその材料になるよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

結果を出している人と、結果を出していない人の違い

経験を次に活かしたいなら、損をして、無駄だと思う経験もしたほうがいい

失敗や反省から、次につながることは何かを考えて行動を起こしていこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする