やらなかったことで後悔しないために

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やったことよりも、やらなかったほうが、後悔は大きい。

たしかに、その通りだなと、最近はよくそう思います。
 

■「とりあえず、やってみよう」という意識はもっておこう

 
年を重ねてきたからでしょうか、やったことよりも、やらなかったことのほうが、後悔を大きく感じるようになった気がしています。

私は、40代半ばの人間ですが、ちょっと過去をふり返っただけで、あの時やっておけばよかったと思えることがいくつもあります。

もちろん、「年齢に関係なく、やり始めるのに遅いことはない」とも思うのですが、「自分がやりたいと思ったときに、やっておけばよかった」と考えてしまうのです。

●やろうと思えばできたのに、やらなかった
●もし、やっていたら、今ごろは良い結果がでていたかも

こんな思いが頭の中を走り抜けていきます。

これは、結果論だという人もいるかもしれません。

たしかに、すでに結果がでていることは事実ですし、それに対して後悔している自分がいるわけですが。

後悔が生まれてしまうのは、40代半ばという、それなりに経験を重ねてきたからだと思います。
 
 
 
 
もし、私が10代の子供だったら、後悔することはなく、今が楽しければ、それでいいし、今日できなかったら、明日やればいいや。

今よりも、もっと気軽に考えていたんでしょう。

それは、まだ大丈夫だという気持ちが、子供のころのほうが強かったからだと思います。

後悔を、完全に無くすことはできませんが、やらなかったことで後悔することを減らすには、やってみるしかありませんよね。

過去のことは変えることはできませんが、これから未来においては、「とりあえず、やってみよう」という意識はもっておこうと思いました。

あなたは、後悔するときは、「やったとき」と、「やらなかったとき」の、どちらが多いですか。
 

■「今日の教訓」

 
やっぱり、後悔するのは、やったことよりも、やらなかったことのほうが多いのではないか。これは、ちょっと過去をふり返ればすぐ分かることだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

時間が足りないと思っていても、やりたいことができていますか

後悔しているときは、次の決断をするときがやってきたということ

原因を探すのをやめて、今できることを考えるようにしていたら、次に進むことができるようになった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする