失敗したことを考えるよりも大事なこと


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

失敗したら、どうしよう。

誰にでもあることです。

でもまだ、この時点では、成功するか、失敗するか分からないですよね。
 

■失敗から、次はどんな行動をしていくのか

 
見通しがはっきりしない、やり方が分からない。

それでも、行動をしなければいけないときは、頭の中で「失敗したらどうしよう」、そんな気持ちを感じることはありませんか。

失敗が許されない場面では、さらに強く感じると思います。

一つ、はっきりしていることは、「失敗したらどうしよう」ですから、まだ結果はでてはいません。

成功したのか、失敗をしたのか。

その前の段階で、失敗したらどうしようと思っているだけです。

いわゆる、恐怖心というやつですね。

緊張という言葉を使ったほうが分かりやすいですかね。
 
 
 
 
緊張していると、いつも当たり前にやっていることでも失敗してしまった経験があると思います。

「緊張したから、失敗しちゃった。」

で、終わりにするのもいいですが、「新しいこと」を試す絶好の機会と考えてみるといいですよ。

もちろん、失敗が許されないこともありますし、失敗したショックが大きくて、とてもじゃないけど「新しいこと」なんて試すことなんてできない。

そう思うことがあっても、大丈夫です。普通のことです。

失敗という経験から、多くのことを学ぶことができますが、それは「失敗から、次はどんな行動をしていくのか」が大事なんです。

そのときは、新しいことを試してみることも選択肢の中に入れるといいですよ。

次回からは、失敗したらどうしようと思ったら、心の中で「新しいこと」を試してみようと変換してみましょう。

まだ、成功するか、失敗するか分からないときには、失敗したことを考えるよりも、楽しく過ごすことができるようになりますよ。

想像の中での失敗は、まだ現実では起きていませんからね。
 

■「今日の教訓」

 
失敗したら、どうしよう。もしそう思っているなら、失敗したら、「新しいこと」を試してみよう。心の中で言葉の変換をするといい。まだ、成功するか、失敗するか分からないんだから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

成功と失敗の両方から新しい発見を見つける

失敗を減らすための行動を起こす

失敗したからダメだと決めつけていたら、そこからは何も生まれないよ