行動しない、何もやらないでいると、不確定要素がそのままの状態で居座り続けちゃうよ


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

わからないことが多いと、不安を感じてしまうことがありますよね。
 

■不確定要素が多いけど、これが普通だと思ってみよう

 
わからない。知らない。

不確定要素が多いと、不安を感じたり、焦りを感じたり。

良いことがありません。

だからといって、すべてが確定するまで動かないというのは、ありえない話です。

すべてが確定することは、まずないですから。

となると、不確定要素がありつつも、行動していくことになります。

つまり、不安や、焦りを感じながらも、前に進んでいくというわけです。

だから、不確定要素が多いから行動しない、何もやらないというのは、新たに別の問題も発生します。
 
 
 
 
それは、行動しない、何もやらないことで、不確定要素がそのままの状態で居座り続けること。

これを防ぐには、不確定要素が多いけど、これが普通だと思って、目指しているところに目を向けていくことです。

きっと、成功したり、失敗したり。

いろいろなことが起こるでしょう。

しかし、その分だけ不確定要素が確定し、具体的なものになり、前に進むことができるようになっていきますよ。
 

■「今日の教訓」

 
不確定要素が多いと、不安に感じることがあるけど、それが普通だと思って、目指しているところに目を向けたほうがいいと思う。成功したり、失敗したりするけど、その分だけ、不確定要素が確定し、前に進むことができるから。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Photo by Marius Venter from Pexels
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

行動のスピードを速くしたいなら自分自身と比較して普通に動けるレベルを上げていく

一瞬で願いや目的が叶うものよりも大事なこと

行動記録さえあれば、何かを変えるときに役に立つ

タイトルとURLをコピーしました