ただの偶然を、必然に変えたいなら、「なぜそうなったのか」を考えてみよう


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

なぜそうなったのかを考え、仕組みを作ることに時間を使っていますか。
 

■どのような過程から、結果が出たのかを分析してみよう

 
たまたま、うまくいった。単なる偶然だよ。

毎日の生活のなかでは、予想外のミラクルな出来事が起こることがあります。

ミラクルといっても、大きな出来事ではないことも含まれます。

たとえば、車を運転していて、赤信号に引っかからずに走ることができた。バスに乗ろうとして、バス停に行ったら待たずに乗車することができた。

これらの出来事を、たまたま、うまくいった。
単なる偶然の出来事だと片づけてしまうのは簡単です。

本当に、たまたま、うまくいったかもしれないし、単なる偶然の出来事だったかもしれないからです。
 
 
 
 
ただの偶然を、必然に変えたいなら、「なぜそうなったのか」を考えるといいでしょう。

どのような過程から、結果が出たのかを分析してみることで、仕組みを作ることができる場合があります。

なるべく、赤信号に引っかからないためには、車の交通量や、走る時間帯によっても違いますし、自分の力ではコントロールすることができない部分もあります。

それでも、偶然を必然に変えるための仕組み作りは、やってみる価値があります。

赤信号に引っかからなかったのは、交通量が少なく、ある一定のスピードで走っていたからかもしれないと仮説を立てることができるからです。

仮説を立てることができたなら、実際に検証を繰り返していくことで、さらに精度が上がり、偶然だったものが必然へと変わっていきますよ。
 

■「今日の教訓」

 
たまたまうまくいった。では、ちょっと危ないと思う。より確実にするには、なぜそうなったのかを考え、仕組みを作ることに時間を使ったほうがいい。時間をかけてでも、分析してみる価値はあるよ。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
Image by Pexels from Pixabay
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

順番にやっていけば終わるという仕組みができあがると、そのときの気分に関係なく、結果も出せるようになる

習慣にしたいことがあるなら、続けられる仕組みを作ろう

仕組みを作ったあとの「行動を変えるための工夫」をしていますか

タイトルとURLをコピーしました