自分で「まる」をつけることは、自分自身を認めて、受け入れ、向き合うことになる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

crayons-623067_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

子供のころ、テストでたくさんの「まる」をもらえたときは、本当に嬉しかったです。

ラジオ体操に参加して、ハンコを押してもらうたびに、これだけ集まったと喜んでいました。(今は、やらないのかな 笑)

やっぱり、「まる」をもらえることは、気持ちのよいものだと思うのです。  

■自分で「まる」をつけていく

 
子供のころは、親に褒めてもらいたくて、がんばったことがあったと思います。

たとえば、勉強やスポーツなどは、特にそうです。

親だけではなく、周囲の人たちに認められたいという気持ちがあるからです。

子供のころは、まだ幼いので、周りにいる大人たちを意識しながら、「まる」をもらえることが、認めてもらったことだと思うのではないでしょうか。

学校のテストでも、「まる」の数が多ければ、親が褒めてくれましたから(笑)。
 
 
 
 
大人になってからは、どうでしょうか。

大人になると、誰かから「まる」をもらえることは少なくなったと思います。それは、大人として成長したということでもあり、自立したのだから、もう「まる」は必要ないからです。

でも、誰かに認められたいという気持ちは、大人にだってあるはずです。

しかし、誰かに認められたいという気持ちだけでは、他人に依存してしまうので、良いとはいえませんよね。

それなら、自分で「まる」をつけていくしかないと思うのです。
 
 
 
 
小さな行動でも、「まる」をつけていく。

自分で「まる」をつけていくことができれば、他人からの依存や影響を受けなくても大丈夫なはずです。

自分で「まる」をつけることは、自分自身を認めて、受け入れ、向き合うことになると思うのです。

だから、記録に残して、たくさんの「まる」をチェックすることができるようにしておくと、気分も良くなるのではないでしょうか。
 

■「今日の教訓」

 
行動したら、「まる」をつけていく。たくさん、「まる」があると嬉しいもの。だったら、記録用紙を増やして、「まる」をたくさんチェックできるようにしてみよう。1回のチェックよりも、たくさんやったと思えて、良い気分になることができるよ。
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事