たとえ、短い時間であっても、できることはあるし、習慣には、その積み重ねが必要になってくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cat-1113330_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことがあるのにできないというお悩みの、あなた。

やりたいことがあっても継続することができない、そこの君たち。

時間の使い方と考え方を、ちょっと変えてみるといいことが起こるかもしれませんよ。
 

■短い時間だからダメではなく、短い時間であっても、できることはある

 
やりたいことがあるのにできない。継続しないと思っている人ほど、まじめで一生懸命なところがあるようです。

その気持ちは、とても大事なことだと思います。

まじめさと、一生懸命な姿勢もあったほうがいいからです。

あとは、そのエネルギーの使い方を少しだけ変えてみるだけで、結果も変わってきます。

●やりたいことができない
●継続することができない

この2つの問題を解くヒントは、「時間」です。

まじめで、一生懸命な人は長い時間取り組まなければならないと思っていたり、毎日休まずやらなければいけない。

「~やらなければならない」という意識が強く働き、そこに時間が絡んでくるため、複雑に見えてできないと思い込んでいるのです。
 
 
 
 
どうしても、何かをやるためには、その時間を確保する必要があります。

そして、今までやっていたことを、何かひとつ以上やめることも必要になってきます。

いずれにせよ、常に「時間」が関わってきます。

長い時間を確保するのが難しい、長続きしないのなら、短い時間を使ってできないのか。

検討する価値があるでしょう。

ダラダラと時間を使うよりも、短い時間を使って集中してやるのです。

すると、とにかく行動することができるようになりますから、習慣にするきっかけにもなります。

短い時間だからダメではなく、短い時間であっても、できることはあるはずです。

その積み重ねの先に、習慣はあるのです。
 

■「今日の教訓」

 
たとえ、短い時間であっても、できることはあるし、習慣には、その積み重ねが必要になってくる。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする