理想の状態になる土台の部分は、「習慣」にある

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

person-812185_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

理想の結果を求めるなら、その結果に見合う、理想の行動が必要になってきますよね。

ここでは、完璧を求める必要はありません。

あくまで、理想ですから。

しかし、理想を現実のものにしたいなら、そのための行動を起こす必要があります。
 

■世の中は、自分の理想の通りに動いているとは限らない。自分に理想があるなら、相手にだって理想があるはず

 
理想といっても、特別なものではなくてもいいのです。

こんなふうに、なりたいな。
こうであってほしい。

少しぐらい、現実離れしていてもいいと思います。

もちろん、理想と現実には差がありますよね。

その差を少しでも無くしていくためには、やはり行動を起こさなければいけません。

それでは、どんな行動を起こしていけばいいのか。

もう、答えは出ていますよね(笑)。

理想に近い行動をしていけばいい。

よく、なりたい自分になったつもりで、行動してみることが良いと言われていますが、確かにその通りだとは思います。

でも実際は、そんなに甘くはない。

そんな声も聞こえてきそうですね(笑)。

世の中は、自分の理想の通りに動いているとは限りませんし、自分に理想があるなら、相手にだって理想があるはずです。

だから、どうしたって、実際は甘くはないというのも、理解できるのではないでしょうか。
 
 
 
 
その一方で、理想の生活。望んでいた世界を手に入れた人たちもいますよね。

あなたが憧れている人が、そうなのかもしれません。

その憧れている人だって、理想はあるはずですし、実際は甘くはないところから、理想の自分にまでにしてきたのだと思います。

どうやってそこまでにしてきたのか。

実際に質問することができるなら、憧れている人に聞いてみるのが一番良いでしょう。
 
 
 
 
え?私に聞きたいのですか(笑)。

私のような40代のオッサンのアドバイスなんて、誰も求めてはいないと思いますが、今後の自分のためにも書き記しておきます。

理想の状態になる土台の部分は、「習慣」にあると思っています。

今の状態が、理想から遠いなら、それは理想から遠い習慣があるのです。

生活習慣と言えば、分かるでしょうか。

たとえば、食事です。

食生活が乱れていると、体が悲鳴を上げて、病気やケガの原因にもなりますよね。

次に、運動です。

これも、運動しなければ、筋肉は落ちていきますし、ますます動くのが苦痛になっていきます。

生活習慣が悪いのは、悪い習慣を何度も繰り返しているからです。しかも、本人も気づいていないことも多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
だから、生活習慣を良いほうに整えていくには、順番を意識したほうがいいでしょう。

順番とは、行動する順番のことで、この行動の積み重ねによって、理想の状態に近づけていくのです。

これなら、本人が気づいている、気づいていないというのは関係ありません。

自分の理想に近い習慣を、順番にやっていくように、少しずつ習慣を変えていけばいいからです。

もし、理想の生活をしている人がいるなら、その人の表面的な部分だけではなく、普段の日常生活はどのように過ごしているのか。

できることなら、細かく、どんな順番でやっているのか聞いてみるといいですよ。
 
 
 
 
料理だって、ただ見ただけでは、美味しく作ることはできませんよね。

必要な材料、きめ細かい分量、火を通すタイミングや、焼き加減など。

表面的な部分だけでは見えないところが重要で大切なのです。

理想の生活をしている人のレシピを作ってみるのもいいですね。

そして、順番にこだわるようになると、いろんな感情が出てくることがあります。

これは、古い習慣と新しい習慣がぶつかり合っていると思えばいい。

でも、まずは順番を守って進むようにしていると、少しずつ生活習慣が改善されて、理想の状態に近づいていることに気がつくようになりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
理想の結果、展開をさせていくためには、順番にこだわる必要がある。でもそれを無視してしまうのも人間だ。とにかく、いろんな感情があったとしても、まずは順番を守って進めてみよう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事