とりあえず、損をしてもいいことにして、やるべきことをやったほうが、結果的にそちらのほうがいい

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

起きてしまったことを変えることはできないのに、変えようとしていることはありませんか。

力ずくで変えようとしても、無理なものは無理ですよね。
 

■自分の感情に素直になっているか

 
過去は変えることはできない。

たしかに、その通り。

過去の出来事の考え方や、捉え方を変えることならできます。

分かっていることなんですけど、起きてしまったことに対して、いつまでもこだわっていたり、文句を言ったり、後悔していることってありますよね。

その気持ち。よーく分かります。

私も、よくやっています。

起きてしまった出来事に対して、反応しまくっている状態ですね。

それが自分にとって良いことならいいんですけど、文句や後悔をしているときは、自分にとって都合の悪いことが起きてしまったからなんです。

文句や後悔をしたくはない。いや、できることなら避けていきたい。

そんな気持ちが、働いているからではないでしょうか。
 
 
 
 
それでも、起きてしまったことを変えることはできません。しつこいですけど。

もう、こうなったら、自分の感情に素直になったほうがいいですね。

文句を言いたいなら、言ってしまったほうが楽ですし、後悔するなら、これでもかと後悔しちゃったほうが良さそうです。

とりあえず、損をしてもいいということにしちゃいましょう。

起きてしまったことを変えることはできないという、大前提がある限り、自分ひとりの個人の力ではどうすることもできません。

だから、とりあえず、損をしてもいいことにして、やるべきことをやったほうが、結果的にそちらのほうがいいと思うのです。

選択肢は無限にあっても、その中から選ぶしかありません。

どれを選んだとしても、良いことも、悪いこともあるので、起きてしまったことを変えることにエネルギーを使うよりも、自分がやるべきこと、なすべきことをしたほうがいいのです。

起きてしまったことから学び、教訓として活かし、それが、自分がやるべきこと、なすべきことに役立てることができれば最高ですね。
 

■「今日の教訓」

 
起きてしまったことを変えることはできない。イライラした状態が続くのも嫌だから、とりあえず損をしてもいいということにして、やるべきことをやったほうが、結果的にそっちのほうがいいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事