やりたいことがあるなら、思いきってやっていますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やってみなければ、分からない。

もう、何度も聞いたことがある言葉ですよね。

何度も聞いているのに、やらないのはどうしてなんでしょうか。
 

■やっぱり、チャレンジしていくしかない

 
やりたいことがあるなら、思いきってやってみたほうがいい。

子供のころ、学校の先生がよく話していました。

うん、そうだよな。やってみたほうがいいよな。

私も、話を聞いて分かっているつもりでしたが、なかなか始めようとはせず、いつもギリギリになってから動くタイプでした。

なぜ、やらないのか。

理由はいろいろとでてきそうですが、面倒くさいと思ったり、失敗するのが嫌だったり、私の場合はこの2つが大きな理由です。

だから、「面倒ではなくて、絶対成功するならやる」。

ということになりますね。

面倒なことは、機械を使ったり、誰かに頼んだりして、少なくすることはできそうですが、絶対成功するという保証は残念ながらありません。

絶対なんか、ありえないからです。
 
 
 
 
心のどこかで失敗するのは嫌だという気持ちもあります。

絶対に成功する場合は、勝率は10割。連戦連勝で、当然ですが、負けることはないし、失敗もないということで、こんなのあり得ない!!

と、今このブログを書いていて、あらためてそう思いました。。。

でも、少しでも勝率を上げる、勝ち星を1つでも多くしようとするなら工夫次第で何とかなりそうです。

そのためには、やっぱりチャレンジしていくしかない。

すべてが成功するとは限りませんが、そのうちのいくつかは、いい感じの結果が出ると思うからです。

チャレンジすれば、そのレベルに応じて経験値をもらうことができます。

それが学びであり、次のレベルへ成長することにもなりますからね。

始めなければ(種まきをしなければ)、良い結果(実を刈り取ること)はできないんですよ。

あなたは、やりたいことがあるなら、思いきってやることができていますか。
 

■「今日の教訓」

 
やりたいことがあるなら、思いきってやってみたほうがいい。すべてが成功するとは限らないけど、そのうちのいくつかは、いい感じの結果が出ると思う。チャレンジをしていくことが大事なんだね。チャレンジしていくなかで、学び、成長をしていくわけだから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

失敗したからダメだと決めつけていたら、そこからは何も生まれないよ

面倒だなと思うことに対抗できるものは、「少しずつでもいいから始める」である

面倒が、面倒でなくなったとき、学んだことが自分のものになる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする