「挑戦は、いつでもできる」という条件は変わらないけど


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

挑戦してもいいし、挑戦しなくてもいいんです。

最後は、自分で決めることが大事なんです。
 

■挑戦することで得た経験は、宝になる

 
挑戦は、いつでもできる。

何かの本に書いてありました。

たしかに、挑戦するのに遅いことはないと思っていますが、別の言い方をすれば、いつでもできるなら、挑戦しなくてもいいとも言えるような気がしました。

「いつでもできる」という言葉が、そう思わせているのかもしれません。

「今、挑戦しなくてもいい」と受け取ることもできるからです。

やはり最後は、自分で決めるしかないんですね。
 
 
 
 
挑戦するときは、周りにいる人たちが反対してもやってしまうところがありますし、逆に挑戦をしない人たちは、どんなときでも挑戦はしないところがありますからね。

それでも、「挑戦は、いつでもできる」とう条件は変わらないと思います。

目の前に、富士山が見えていたとすると、頂上へ登ろうとする人、登らずにしたから見上げている人の違いだと思います。

いつでも、富士山に登ることはできるからです。

挑戦しない人は、挑戦することで、富士山の頂上からの眺めを見ることができますし、挑戦する人なら、その体験を伝えることだってできますよね。

挑戦する価値は無くならないし、挑戦することで得た経験は、お宝になります。

挑戦をするかしないかは、あなた自身で決めることができるんですよ。
 

■「今日の教訓」

 
挑戦は、いつでもできる。でも、別の言い方をすると、挑戦はしなくてもいいとも言える。最後は自分で決めないとだめだ。挑戦する人は、どんなときだって挑戦する。逆に、挑戦しない人は、どんなときでも挑戦しない。そういうものなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

やり直すことができるものは、何度でも挑戦していけばいい

諦める回数は何回がいいのか

大人と子供の経験値の違い