悩む時間を減らしていこう


 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

悩んでいる姿を、想像してみてください。

そうですよね。だいたい、みんな同じような姿になりますよね。
 

■悩んでいるときの体の動かし方、体の使い方に意識を向けてみよう

 
人間には、喜怒哀楽の表情があり、それに合わせて体の動かし方、使い方も違ってきます。

嬉しい時は、両手を大きく挙げてガッツポーズ。そして大きな声を出して喜びを表現する。

悲しい時は、背中を丸め、下を向いて、涙を流し、声はかすれた声。

個人差はありますが、大抵の場合、その姿や体の動かし方、使い方で、嬉しいとか、悲しいとか、または怒っているなどがわかりますよね。
 
 
 
 
では、悩んでいるときは、どうでしょうか。

両手を挙げて、ガッツポーズをしていますか。

大きな声を出しているでしょうか。

もうおわかりかと思いますが、悩んでいるときの体の動かし方、体の使い方には、ガッツポーズをしたり、大きな声を出したりすることは、ほとんどないと思います。

険しい表情で、頭を抱えるように下を向き、考えている。悩んでばかりいて、目の前のことに集中できずに、イライラしている。

悩んでいるときは、悩んでいるときの体の動かし方、体の使い方が、人それぞれあるんですね。
 
 
 
 
余計なことを考えたくなければ、体を動かしたほうがいいでしょう。

ランニングや、サッカーをしながら悩むことは、かなりレベルの高いものだと思いませんか。

料理をするのが好きな人なら、料理を作ることを楽しみながらやるのもいいと思います。

いつもとは、違う体の動き、違う体の使い方をすると、悩んでいる時間を減らせるので、気分転換に軽い運動でも始めてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
体を動かしていると、余計なことを考えることが少なくなると思う。体を動かすことに意識が向くから。体を動かしていると悩んでいる時間を減らすことができるよ。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

不安や悩みがあるなかでも、行動を起こしていこう

計画を立てる前には、やりたいことができないと悩み、計画を立てた後は、計画通りに進まないと悩む

今できることから始めると、できない思い込みや、悩みを吹き飛ばしてくれる