さらに上に進みたいなら、次の目標を見つけよう

この記事は約3分で読めます。


kazu(@kazkazstyle)です。

上に進みたいなら、次の目標を速やかに決めると、スタートダッシュができますよ。

■今の状態を知り、上に進みたいなら、次の目標を探そう

◆まだまだ自分はできる、こんなもんじゃない、ここで終わらない

今の状態に満足しているときは、上に進もうとするよりも、今の状態がずっと続いてほしい。

そんなことを考えますよね。

満足しているときは、現状維持の状態のほうがラクだからです。

上に進もうとすると、今の状態から抜け出す必要があるので、エネルギーの負担も大きくなりますし、リスクを避けようとするのも理解できます。

しかし、さらに上に進みたいと思うのも人間です。

まだまだ自分はできる、こんなもんじゃない、ここで終わらない。

向上心が芽生えることは、誰にでもありえますよね。

◆いろいろ試してみることだって、価値がある

向上心が芽生えたころには、次の目標が何となく見えてきているでしょうから、仮の目標でもいいから設定するといいですね。

上に進みたいわけですから、次の目標がなければ、進むことが難しいからです。

問題なのは、上に進みたいけれど、次の目標が定まらず、同じところをグルグルと回り続けていることです。

山の頂上を目指したいのに、山の麓のところを行ったり来たり。

これでは、上に進むことはできないじゃないですか。

次の目標が明確じゃなくてもいいんです。

いろいろ試してみることだって、価値があることなんですから。

◆次の目標を決める決断力を求められる

次の目標を速やかに決めることができれば、その分だけスタートダッシュすることができます。

早ければ良いというものではないのかもしれませんが、上に進みたいときには、次の目標を決める決断力を求められますよね。

具体的な目標が特にないなら、今の状態を「より良くしていく」という目標でもいいでしょう。

目標を設定することは、狙いを定めるということにもなり、向かう進路が決定していることを意味しますから、上に進みたいなら、次の目標を速やかに決めましょう。

目標や課題というものは、今の状態を知っていなければ見つけることは難しいものです。

次の目標を考えるときは、今の状態を考慮したほうがいいですね。

◆次の目標を探すのは、今からでもできること

始めから上に進むつもりなら、今の状態を知り、次の目標を探し続けていくのも一つの方法だと思います。

満足してしまうと、そこで止まってしまうからです。

もちろん、満足感、達成感を味わってもいいんです。

けれど、上に進むということは、現在の状態の一部を否定することにもなりますから、いつまでも満足しているわけにはいきませんよね。

次の目標を探すのは、今からでもできることです。

別の言い方をすれば、次の目標を探すことが習慣になっているなら、いつでも上に進もうとすることができるんです。

今の状態に満足するのか。それを否定して、上に進もうとするのか。

それを決めることができるのは、あなたしかいませんよ。
 

■「今日の教訓」

 
今の状態に満足しているなら、それでもいい。でも、満足してしまうとそこで止まってしまう。さらに上に進みたいなら、満足で終わったらいけないことを知っておこう。次の目標を見つけないとね。
 
 
お問い合わせは、こちらからお願いします。

フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

こちらの記事も読んでみてはいかがですか?

大きな目標と小さな目標があると、前に進みやすくなるよ

目標を達成したいとき、ただ何となくやっても、良い結果はでない

目標を設定するのが苦手な人は、手段と目的をよく考え注目してみよう

タイトルとURLをコピーしました