本当にやりたいことができないとき、その原因は何か知っていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

retro-926250_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やらないと決めていたことを、やってしまった。

果たして、どうなると思いますか。

答えは、簡単です。

本当にやりたかったことが、確実にできなくなります。
 

■いきなり、ツールを使ったり、本を読み始めるよりも、まずは自分自身を知っておくこと

 
やらないことについて、私のなかで、マイブーム?になりつつあります(笑)。

それだけ、私にとって、やらないことを決めて、実践することが重要になっています。

なぜかというと、タスク管理ができないときの原因がここにあると思っているからです。

いくら優秀なタスク管理ツールを使っても、タスク管理の関連本を読み漁っても、手帳術を学んだとしても、やらないと決めたことを、やっている限り、本当にやりたいことはできないからです。
 
 
 
 
では、本当にやりたいこと、とは何でしょうか。

う~ん、難しいですね(笑)。

確かなことは、ふさわしい日の、ふさわしい時間帯。そして、ふさわしい場所で、それにふさわしいやりたいことがあるはずです。

さらに、難しくなっちゃいましたね(笑)。

これは、行動記録を残し振り返ることを続けて、自分自身と向き合う必要があります。

答えは、自分自身の中にしかないと思うからです。
 
 
 
 
だから、やらないと決めたことを、どうしてもやりたいのなら、別の日や違う時間帯にやれるような仕組み作りが必要です。

ここで初めて、優秀なタスク管理ツールを使ったり、タスク管理の関連本を読んで、タスク管理を学ぶのがいいと思うのです。

いきなり、ツールを使ったり、本を読み始めるよりも、まずは自分自身を知っておくことが重要なのです。

あなたは、本当にやりたいことができないとき、その原因は何か知っていますか?
 

■「今日の教訓」

 
やらないと決めていたことを、やってしまった。これでは、本当にやりたいことが、いつまでたってもできない。今は、やらないと決めたことは、別の日や、違う時間帯にやれるような仕組みを作ったほうがいいと思うんだ。
 
 
■関連記事
 
やりたいことができる近道は、やらないことリストを守ることが最初の一歩 | かずスタ – kazstyle.jp

 
 
やらないことリストは、すぐに見える状態にしておくから効果がある | かずスタ – kazstyle.jp

 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする